スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年4月第179回TOEIC公開テスト向けプロジェクト参加メンバー、結果


 今回のプロジェクトメンバーです。

 このメンバーでトミープロジェクトを行っていくこととなります。
 よろしくお願いします。



 【プロジェクト対象メンバー(ベストスコア730-895)】

  氏名(敬称略)、ベストスコア、
 (目標スコア各自違いますが、ここでは900点以上とさせて頂きます。)  
  ※赤字の方はクリックするとブログリンクとなっています。


1. lundiam 865

2. lillian 880 → 850

3. disks 805 → 820

4. OS 845 → 870

5. marco 845 → 850

6. Ash 880

7. えいごっち 830

8. Shou 830 → 750

9. Mikky 775

10. Tomo 825

11. hiro 700 900

12. Yocchi 855 900

13. TKS       → 775








 【プロジェクト対象外メンバー(ベストスコアが上記以外の方)】
 

  氏名(敬称略)、ベストスコア、目標スコア
 (目標スコアが900点に満たない方、もしくは900点を超えた高いレベルを求めている方専用です。)  
  ※赤字の方はクリックするとブログリンクとなっています。


1. らぶ 980 990 → 980

2. マチルダ 795 860 → 825

3. nozi@housen 960 970 → 915

4. neo 930 990 → 930






このメンバーで1つの試験に向かって、いろいろなことを共有し、
同じマテリアルを使用しながら勉強していくということは、とても大きな力になりますし、
独学している方には励みになるのではないかな、と思います。


究極合宿が、密集型で実際に集まって学習するタイプとすれば、これはまさしく、
自宅でもカフェでも自分の学習空間ペースの中で出来るポータビリティ性を
備えていると思います。
(その一方で自由度もありますが。)



※4月試験向けの募集は3月20日で締め切りますのでよろしくお願いします。
  募集要領はこちらです。



 

スポンサーサイト

応募締め切りました:第179回TOEIC公開テスト プロジェクト参加者募集



 

 応募は締め切りました。ご応募ありがとうございました。



 2013年3月の試験が昨日終了しましたね。
 皆さんいかがでしたでしょうか?


 ということで、年間計画に沿って
 2013年4月のプロジェクト、いよいよ募集させて頂きます。



 以下の募集要綱をよくお読みになり、参加希望される場合は、この記事の
 隠しコメントに入れて下さい。


 ※締め切りまで3日しかないので、注意して下さいね!
 1.スケジュール


      受験日       プロジェクト受付       プロジェクト期間

第179回 4月14日(日)  3月18日~ 3月20日   3月24日~ 4月13日






 2.対象者

   現在のTOEICスコア730-895点の方
   ※それ以外の方も参加は可能ですが、対象外ということで取り扱わせて頂きます。


 3.応募方法
   この記事の隠しコメントに以下を入れて下さい。

 
   ①お名前(このブログで公表できるお名前)
   ②現在のTOEICスコア(ベストスコア)
   ③目標のTOEICスコア
   ④連絡の出来るメールアドレス(まだわかりませんが、爆弾情報を流すかも(笑))
   ⑤参加にあたりひと言
   ⑥運営ブログURL(掲載可能であれば、なしでもOKです。) 


   -記入例-
   ①Tommy
   ②990点
   ③995点
   ④TommyTOEIC@Tommy.com
   ⑤対象外ですが、皆さんと学習してビヨンド(990点+α=200問全問正解)
    を目指します。
   ⑥http://blogs.yahoo.co.jp/abcsyu123


 4.実施の流れ
   ①日本時間3月20日23:59まで募集します。それ以降はいかなる理由
    があっても登録いたしません。TOEIC公開テスト申し込みと一緒です。
   ②3月21日以降、参加者(対象外の方も含む)をこのブログで公表します。
    ※そのため、公表できる名前、ペンネームで登録下さい。
   ③プロジェクト期間内は私からメール指示をし、それに従い学習してもらいます。
    そのメールに毎日『今日も実施した!』旨をコメントを入れて下さい。
    短くてもかまいません。
    ※3日間断りなくメールがない方は、脱落とみなし、メンバーから除外します。
   ④4月のテストから3週間後以降に発表されるスコアを申告下さい。
    それにより効果をみたいと思います。





   要するに、単に本を購入するだけじゃなく、
   著者である私が、実際のTOEIC3週間前からこの本を使って学習する方を監視、
   サポートするという企画がトミープロジェクトそのものです。



   そして同じ志を持った方がこのブログに集い、同じ目標を共有し、集う。
   合宿でもない、セミナーでもない新感覚の学習サポートです。
  
   既に900点超えた方でもこれほど頑張っている方を見てアツくなって、
   よし俺も!となるかもしれません。対象外でも掲載はさせて頂くので、
   日々の学習は同様にサボれませんよ。
   

   独学でやるとついついサボりがちな方もこのブログ、拙著に沿って学習する
   ことでペースメーカーになることを祈念しております。




   たくさん、来た場合、おそらく皆さんと私の戦いになるかもしれません。
   でも、私は負けません。




   と、いうことで、
   たくさんのご応募お待ちしております!




   さあ、かかってこいやァーーーーーーー!!!

   takada


Day-15(20130310)

質問、感想、誤植はこちらから。



 はい、Day-15です。



 Day-15です。


 ここでは、最後の総仕上げとして、200問全問正解を目指してやっていただきます。
 というか、


 200問正解以外、あ・り・え・な・い。

 と思っています。だってそのために3日から12日目までに復習をやったんじゃないですか?


 もし1問でも間違ったとしたら、それは大いに反省すべきです。
 なぜ間違ったか自分で追求なさってください。




 そして次の公開テストまであと1週間ありますので、もう少し音読にこだわる、
 正答にこだわる、もう一度、自信のないパートにこだわる等確実に正解するようにして下さい。
 スコアにこだわるのです!




 まずはお疲れ様でした。
 そして、本番に向けて徐々に気持ちを高めていってください。
 皆さんの成功を強く願っております。



※まだ公開テストまで余裕がある場合、

  以下を追加教材にしてください。
  ○模試1,2セット(公式系問題集がオススメ)

  ○パート5問題集(200問以上)  


  これらを復習をしっかりしながら本番に備えてください! 


 


 

Day-14(20130309)

質問、感想、誤植はこちらから。



 はい、Day-14です。



 Day-14です。


 ここでは基本13日目と同じですのでそちらを参考にして下さい。
 よろしくお願いします。

 Day-13はこちらをクリック!
 


 


 

Day-13(20130308)

質問、感想、誤植はこちらから。



 はい、Day-13です。



 Day-13です。


 ひと通り、200問の復習は終わりましたが如何でしたでしょうか?
 たかが200問、と思ってもいざ復習をするとなると相当難しかったんじゃないかと
 思います。

 私は問題を解く事よりも、解答するプロセスを通じて皆さんにいろいろな考え、気づき、
 学びを得てほしい、それがレベルアップに通じると思ってこの本を執筆しました。





 おそらく、人によって、簡単だったポイント、難しかったポイントはあると思います。 
 ここから先に進む前に、もしあやふやなところがあれば今一度しっかり復習することをお勧めします。




 もしOKであれば、この200問の復習を終えて15日目の3回目のチャレンジで200問全問正解出来る
 自信があれば、Day-13、Day-14に進んでください。



 ここでは基本本書に沿って進めてもらいます。
 
 
 パート1

 1枚の写真を掲示していますが、微妙にスクリプトが違います。
 しっかり復習していれば見抜けると思います。
 







パート2

 パート2は、質問は一緒ですが、応答をオリジナルなものにしました。
 これにより少し変化球が加わった問題にも対応出来るようにしておいてください。


 

 パート3

 パート4



  パート3,4は設問と選択肢を変えています。
  内容がしっかり入っていれば、冷静に解けるはずです。
 


 パート5

 選択肢や空欄を微妙に変えています。正解だけ追及すると思わぬ落とし穴が待っていますので、
 そこまで復習していたか確認するためのものです。ふふふ(なんて悪趣味)
 


 パート6
 パート5と同様、空欄と選択肢を微妙に変えています。
 

 パート7
 
 シングルパッセージを1題掲載し、設問と選択肢を新しいものにしました。
 よく読めば全て正解出来ると思っています。




 如何でしたか?
 しっかり復習していても、あれ???と思うのであれば、ご自身にまだスキがあるかもしれません。
 ここでもし間違ったら、最終の15日に向けてしっかり復習しておいてください。 
 









 

 

Day-12(20130307)

質問、感想、誤植はこちらから。



 はい、Day-12です。



 Day-12です。
 一連の復習はこれで最後になります。
  
 パート1

 風景写真です。影が見えますね。なんだか怪しい。
 

 ここでは、典型的な頻出表現と引っ掛けを惜しみなく入れました。
 どれも大事な文章なので、表現とその文が指す意味を考えましょう。



それぞれのスクリプトにイラストをつけてありますので、イメージがつかめればOKです。
自分で聴き取れない語は何度も練習しておきましょう。
今回は主語が同じですから、その後の表現を聴いて絵をイメージするといいでしょう。








パート2

 今回パート2は典型的な英会話表現を入れたつもりです。
 表現まるごどセットで覚えることをお勧めします。

 

 パート3

 パート4



 おおよその流れは本文のとおりです。
 ディクテーションはしんどいかもしれませんが、がんばりましょう。

 パート3はある準備に関する男性と女性の会話です。
 全体の構成は頻出に近い感じですし、キーワードがわかれば確実に解ける問題だと
 思います。

 

 パート4はあるお店のアナウンスメントです。キーワードが複数出てくるので、
 少しだけ混同するかもしれませんが、正解の選択肢は1つに絞ることが出来ると思います。
 このように質問の情報が2,3あったとしても、正解選択肢が1つしかないことは
 実際の試験でもよくあることです。

 ※パート3,4とも設問の先読みトレーニングがありますが、
  付属の模試の設問を見たほうが効果的です。
  解説書は、スペースの関係で、選択肢の配置が全て縦に並んでいない場合がありますので、
  本番にトレーニングをするには、模試のほうを見ることをお勧めします。


 パート5

 本日はイディオム、前置詞、語彙問題ですね。
 これらは知っていないと解けない、もしくは消去法で解く、これらが出来なければ潔く
 あきらめて次へ進む、という情報処理能力が求められます。
 今回は復習のフェイズですので、しっかり学んで、似たような問題が出た場合、注意
 して下さい。
 


 パート6
 本日はありません。
 

 パート7
 ダブルパッセージの最後ですね。
 ラスボスにふさわしく、少し長い、そしてしっかり内容を把握しないと正解出来
 ないようにつくってあります。

 ダブルパッセージは1つの文書を読んで解く問題と2つの文書を参照しながら読む、
 両文参照(クロスリファレンス)問題が出題され、クロスリファレンス問題は必ず
 5問中1問以上入っています。今回は、しっかり読まないと少し難しいかもしれません。

 間違えた方は解答のキーワード、間違えた箇所を含めて復習をして下さい。


 語彙も頻出語句から本文や選択肢をつくっていますので、わからない語はここでつぶしておいて下さい。





 
 









 


 

Day-11(20130306)

質問、感想、誤植はこちらから。



 はい、Day-11です。



 Day-11です。
 とりあえず一通りの復習はあと2日で終わります。もうひとふん張りです

 
 パート1

 人がうつっていない風景写真です。私はこういう写真が出ると、『あ、難しいのがくるな』
 と思います。主語をバラバラにしたり、表現をいろいろ変えたりしてくるからです。
 

 ここでは、物体である主語の状態、動作とそれがどこでそうなっているかがカギです。
 1つの文章を読み取って『これは違う!』という嗅覚を身につけてください。



それぞれのスクリプトにイラストをつけてありますので、イメージがつかめればOKです。
自分で聴き取れない語は何度も練習しておきましょう。
今回は主語が同じですから、その後の表現を聴いて絵をイメージするといいでしょう。








パート2

 今回パート2は全体の中では少し易しめです。
 

 今までのものの中にもありましたが、短い応答が正解になるパターンは本番でもあることです。
 短い応答にも慣れてほしかったので、いくつか収録しています。
 音が取れないとパニックになりますよね。
 それを予防してほしい、という思いがあります。

 

 パート3

 パート4



 おおよその流れは本文のとおりです。
 ディクテーションはしんどいかもしれませんが、がんばりましょう。

 パート3はある内容について2人の女性が話しています。
 キーワードというより、全体を聞きながら解いていく、というもので、
 先読みをしていても掴みにいくのが少し難しいかもしれません。
 間違ったり、音がよく聴き取れない場合は何度も聴き返し、音読してみてください。
 

 パート4は典型的なお店のアナウンスです。
 ヒントは設問の順番通り流れることがほとんどですし、変更点やセールの内容等、
 抑えておくところをしっかり抑えることで3問正解出来ると思います。


 ※パート3,4とも設問の先読みトレーニングがありますが、
  付属の模試の設問を見たほうが効果的です。
  解説書は、スペースの関係で、選択肢の配置が全て縦に並んでいない場合がありますので、
  本番にトレーニングをするには、模試のほうを見ることをお勧めします。


 パート5

 少し意地悪ですが、似たような問題を並べておきました。その方が理解が深まると
 思ったためです。その違いを感じてください。また、微妙なところを突く文法問題も
 入れました。間違った方はこういう点を注意するように意識しましょう。
 


 パート6
 本日はありません。
 

 パート7
 ダブルパッセージ3題目です。
 
 今回は両方の文章が同じくらいですね。関連性をしっかり見抜くことと、
 両方の文章で述べている情報をしっかり掴んで解くことが重要です。
 特にsuggest型問題は全ての選択肢を読んで、これは正解、残りは不正解、と
 限られた時間で整理しておけると、解きやすくなるでしょう。



 ダブルパッセージは1つの文書を読んで解く問題と2つの文書を参照しながら読む、
 両文参照(クロスリファレンス)問題が出題され、クロスリファレンス問題は必ず
 5問中1問以上入っています。今回も典型的なものを入れました。
 ※逆にいうと、全て1つの文書から解いた、というものは間違っている可能性がとても
  高い、ということです。


 間違えた方は解答のキーワード、間違えた箇所を含めて復習をして下さい。


 語彙も頻出語句から本文や選択肢をつくっていますので、わからない語はここでつぶしておいて下さい。





 
 









 

 

Day-10(20130305)

質問、感想、誤植はこちらから。



 はい、Day-10です。



 Day-10です。
 皆さんだいぶ慣れてきましたか?
 私のタスクは時にツライと思いますが、ツライと思う時はレベルが上がっている証拠のような
 ものです。筋トレのように負荷がかかっている状態ですから。
 少しでも慣れてきた!と感じると成長の表れだと思います。

 ウイークデーの学習は結構ツライですが、頑張ってください。
 
 パート1

 うわ、帽子がいっぱいある、みたいな(笑)。
 

 ここでは、受身の進行形を思いっきり出しました。
 主語は一緒ですが、ここで受身の進行形に強くなってください。
 キーワードは『動作』と『状態』です。
 私の知る限り、正解の選択肢は過去2,3度出題されています。


それぞれのスクリプトにイラストをつけてありますので、イメージがつかめればOKです。
自分で聴き取れない語は何度も練習しておきましょう。
今回は主語が同じですから、その後の表現を聴いて絵をイメージするといいでしょう。








パート2

 今回パート2は疑問文と平叙文があります。

 典型的な間接応答を入れました。今日のものは音読するとよりイメージが涌きやすいと思います。

 

 パート3

 パート4



 おおよその流れは本文のとおりです。
 ディクテーションはしんどいかもしれませんが、がんばりましょう。

 パート3はあるオフィスでの会話です。
 2つ間接的な解答を選ぶようにしています。おそらく先読みしていると少し考える
 (=先読み崩れの可能性のある)問題です。うまく情報を処理出来るか、ということに
 意識して取り組まれるといいと思います。


 

 パート4はあるアナウンスメントですが、キーワードを拾わないと正解出来なくなっています。
 音読をしながらキーワードを拾えることも意識しておきましょう。

 ※パート3,4とも設問の先読みトレーニングがありますが、
  付属の模試の設問を見たほうが効果的です。
  解説書は、スペースの関係で、選択肢の配置が全て縦に並んでいない場合がありますので、
  本番にトレーニングをするには、模試のほうを見ることをお勧めします。


 パート5

 本日も昨日に引き続き文法のみですね。理屈で全て解けますが、少し引っ掛けもいれています。
 何が問われているか、瞬時に見抜けるようにしましょう。 


 パート6
 最後のパート6の1題ですね。
 空欄の前後で解ける問題と文脈を意識して解く問題のメリハリがわかる問題です。
 普段から英文を読みなれていると、すぐ突破出来ますが、そうじゃない方は迷う問題も
 あったかもしれません。
 

 パート7
 ダブルパッセージの2題目です。
 上の文書が異様に長くて、下が短いですね。こういうボリュームバランスのものも
 出題されます。
 こういう形式も出題される、ということを意識しておきましょう。
 レベルは標準から少し易しめレベルですので、4-5分で解きたいものです。

 ダブルパッセージは1つの文書を読んで解く問題と2つの文書を参照しながら読む、
 両文参照(クロスリファレンス)問題が出題され、クロスリファレンス問題は必ず
 5問中1問以上入っています。今回も典型的なものを入れました。
 ※逆にいうと、全て1つの文書から解いた、というものは間違っている可能性がとても
  高い、ということです。


 間違えた方は解答のキーワード、間違えた箇所を含めて復習をして下さい。


 語彙も頻出語句から本文や選択肢をつくっていますので、わからない語はここでつぶしておいて下さい。





 
 










 

 

Day-9(20130304)

質問、感想、誤植はこちらから。



 はい、Day-9です。



 Day-9です。
 2週目に入りましたね。
 ウイークデーの学習は結構ツライですが、頑張ってください。
 
 パート1

 たくさんの方があるところで、何かしている写真です。
 

 ここでは、完了形と受身の進行形が選択肢に両方出てきます。
 その違いを聞きわけることに徹してください。



それぞれのスクリプトにイラストをつけてありますので、イメージがつかめればOKです。
自分で聴き取れない語は何度も練習しておきましょう。
今回は主語が同じですから、その後の表現を聴いて絵をイメージするといいでしょう。








パート2

 今回パート2は全てWH疑問、依頼の文章が入っています。

 やや間接応答に近いものを入れています。
 今までのものと同じように音を大事にしながら聴きとってください。

 

 パート3

 パート4



 おおよその流れは本文のとおりです。
 ディクテーションはしんどいかもしれませんが、がんばりましょう。

 パート3はある注文に関するものです。
 頻出語で会話を構成していますので、わからない語は要チェックです。


 

 パート4はレストランからのメッセージですね。このような状況での
 メッセージは、発信する側と受ける側2つのケースで出題がありますので、
 全体の流れをつかみながら、問われているところを着実に拾えるようにして下さい。

 ※パート3,4とも設問の先読みトレーニングがありますが、
  付属の模試の設問を見たほうが効果的です。
  解説書は、スペースの関係で、選択肢の配置が全て縦に並んでいない場合がありますので、
  本番にトレーニングをするには、模試のほうを見ることをお勧めします。


 パート5

 本日は文法のみですね。理屈で全て解けます。何が問われているか、瞬時に見抜けるように
 しましょう。190ページのタスクを使いながら考えてもいいかもしれません。
 


 パート6
 本日はありません。
 

 パート7
 ダブルパッセージに入りましたね。
 こういう形式も出題される、ということを意識しておきましょう。

 ダブルパッセージは1つの文書を読んで解く問題と2つの文書を参照しながら読む、
 両文参照(クロスリファレンス)問題が出題され、クロスリファレンス問題は必ず
 5問中1問以上入っています。今回も典型的なものを入れました。
 ※逆にいうと、全て1つの文書から解いた、というものは間違っている可能性がとても
  高い、ということです。


 間違えた方は解答のキーワード、間違えた箇所を含めて復習をして下さい。


 語彙も頻出語句から本文や選択肢をつくっていますので、わからない語はここでつぶしておいて下さい。





 
 









 

 

Day-8(201300303)

質問、感想、誤植はこちらから。



 はい、Day-8です。



 Day-8です。
 半分過ぎました。
 たかが1回分の模試でもじっくり取り組むことで意外と大変だ!と思った方がいると
 思いますがいかがでしょうか?


 パート1

 複数の人の写真ですね。
 

 正解の選択肢は以前出現しているものです。日本人がなかなか動詞と気づきにくいもの。
 あと、音のトラップにも注意して見てください。




それぞれのスクリプトにイラストをつけてありますので、イメージがつかめればOKです。
自分で聴き取れない語は何度も練習しておきましょう。
今回は主語が同じですから、その後の表現を聴いて絵をイメージするといいでしょう。








パート2

 今回パート2は全てWH疑問、通常疑問、平叙文が入っています。

 暗唱や音を掴むときのこつですが、2,3語、あるいは4,5語等言葉の塊(チャンク)
 を区切りながら覚えておくと効果的です。本番では一語一語汲み取ろうとすると、
 ついていけなくなるので、まとまった言葉を1つのニュアンス、表現として
 捉えておきましょう。


 

 パート3


 パート4



 おおよその流れは本文のとおりです。
 ディクテーションはしんどいかもしれませんが、がんばりましょう。

 パート3はビジネスの問題、面談の場面です。
 公式問題集にもありますが、こうしたケースは本番でもよく出題されます。
 音読もそうですが、パラフレーズにも留意して下さい。
 パラフレーズに!となっておくことで、本番でもキーワードとして拾い易くなります。


 

 パート4はコミュニティーセンターのヨガクラブの話ですね。TOEICでは不思議とヨガが
 出てくるので、リーディングにもヨガは入れました。


 ※パート3,4とも設問の先読みトレーニングがありますが、
  付属の模試の設問を見たほうが効果的です。
  解説書は、スペースの関係で、選択肢の配置が全て縦に並んでいない場合がありますので、
  本番にトレーニングをするには、模試のほうを見ることをお勧めします。


 パート5

 本日は文法、とりわけ品詞を正しく見分けることと、前置詞の感覚を身につけて頂く
 ことが学習タスクになると思います。
 


 パート6
 文脈時制、接続副詞、文脈語彙とパート6ならではの問題をぎゅっと凝縮しました。
 いずれも以前出題された少し難しめのものです。
 

 パート7
 本番の最後のシングルパッセージを想定した、長めの文章です。このあたりに
 なると、だいたい300語を超えてきます。
 
 一方で問題の難易度はきちんと読めば解答の根拠が得られるようにつくりました。
 虫食いで読むと間違ってしまう可能性はあります。
 このようにやや長めの文章は落ち着いて読めば解けるものが多いです。
 量に圧倒されないで下さい。ただし、パート5,6に時間をかけるとパート7で
 時間が足りない場合があるので、全体の時間管理も要注意です。 


 間違えた方は解答のキーワード、間違えた箇所を含めて復習をして下さい。


 語彙も頻出語句から本文や選択肢をつくっていますので、わからない語はここでつぶしておいて下さい。





 
 









 

 
プロフィール

大里 秀介

Author:大里 秀介
TOEIC990点満点取得20回以上、カナダ在住経験のあるサラリーマン。
一部英語学習者からはTommyとも呼ばれています。
(呼び名はどちらでもOKです。)
現在もTOEICが好きで定期的に受験しています。スコアアップに悩める英語学習者のアドバイスとサポートを目的にブログを立ち上げました。どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TOEICスコアアップチャレンジ! 900点を目指そう!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。