Day-7(20130302)

質問、感想、誤植はこちらから。



 はい、Day-7です。



 Day-7です。おおよそ半分ですが、皆さんいかがですか?
 この作業が慣れない方にはツライかもしれませんが、この壁を乗り越えるときっとレベルアップして
 いますので、それを信じてがんばって下さいね!



 パート1

 男性1人の写真ですね。
 ここでは、以下に注意しながら聞き取れるようにしてください。

選択肢A:この動詞句は毎年TOEICに出る言い回しです。要チェック!


選択肢B:この表現もまれに出現します。意味をすぐ取れるように爪を研いで
     おきましょう。

選択肢C:受身の進行形が来ていますね。この表現で絵のようなイメージが湧く
    ようにしてください。

選択肢D:ここも受身の進行形ですが、少し特殊です。何が特殊かは
    学習して感じてみてください。



それぞれのスクリプトにイラストをつけてありますので、イメージがつかめればOKです。
自分で聴き取れない語は何度も練習しておきましょう。
今回は主語が同じですから、その後の表現を聴いて絵をイメージするといいでしょう。








パート2

 今回パート2は全てWH疑問ですが、すべて間接応答にしています。

 ここでのテーマは疑問返しです。このような解答パターンがあることを
 今日学んで、類似問題を解けるようにしておきましょう。


 

 パート3


 パート4



 おおよその流れは本文のとおりです。
 ディクテーションはしんどいかもしれませんが、がんばりましょう。

 パート3は典型的なビジネスの問題です。
 2問目を少しだけ難しくしました。
 キーワードを聴かないと他の選択肢が魅力的であるかのようにしています。
 本番で聞き逃したらどう対処するかもイメージしながら解いてみてください。
 当然、間違った場合はキーワードを確実に聴き取れるようにしておいてください。


 パート4は軽快な口調の宣伝です。これも設問の順番どおりアナウンスがなされていきます。
 先読みをして待ち伏せる方は確実にキーワードを取って頂きたいです。


 ※パート3,4とも設問の先読みトレーニングがありますが、
  付属の模試の設問を見たほうが効果的です。
  解説書は、スペースの関係で、選択肢の配置が全て縦に並んでいない場合がありますので、
  本番にトレーニングをするには、模試のほうを見ることをお勧めします。


 パート5

 過去に出題された問題をアレンジして作成しています。
 イディオム系と文法問題が2題あります。
 イディオムは知らない場合、最終的には適当に選ぶしかありませんが、
 消去法により絞って解く事も時には重要です。
 文法問題は必ず根拠がありますので、考え抜いて解けるようにしておきましょう。
 


 パート6
 今日はありません。


 パート7
 少し長めのシングルパッセージが1題出題されています。
 約300語ですから昨日の記事程度です。ただし、記事は2段になっていますから、
 こちらの方がボリュームが多そうに見えます。しかしながら、本番を踏襲した
 分量にしてありますので、本番ではこのくらいのボリュームを読むもの、と覚悟
 して下さい。

 一方で問題の難易度はきちんと読めば解答の根拠が得られるようにつくっています。
 このようにやや長めの文章は落ち着いて読めば解けるものが多いです。
 量に圧倒されないで下さい。 


 ちょっと読みづらいな、と思ったらこの文章と前日の記事は毎日読むことをお勧め
 します。レイアウトだったり、このくらいの文章に何度も接することで本番で面食らうこと
 が軽減されるでしょう。



 間違えた方は解答のキーワード、間違えた箇所を含めて復習をして下さい。


 語彙も頻出語句から本文や選択肢をつくっていますので、わからない語はここでつぶしておいて下さい。





 
 









 

 
スポンサーサイト

Day-6(20130301)

質問、感想、誤植はこちらから。



 はい、Day-6です。



 Day-6です。週末に実施している方、あるいは第2週目に実施している方、いろいろいらっしゃると
 思いますが、自分のペースを守って学習を続けていきましょう。

 パート1

 2人がマーケットにいるような写真ですね。
 まわりの風景を見ながら、どこに焦点をあてているかに注意しながら解きましょう。

選択肢A:900点を目指す方は判別必須です。


選択肢B:ユーテンシルで???とならないでください。今年もおそらく出るでしょう。

選択肢C:ここも少し難しめの単語を入れています。

選択肢D:これかい!と思う表現もTOEICでは重要です。見逃さないように。



それぞれのスクリプトにイラストをつけてありますので、イメージがつかめればOKです。
自分で聴き取れない語は何度も練習しておきましょう。
今回は主語が同じですから、その後の表現を聴いて絵をイメージするといいでしょう。








パート2

 今回パート2は全てWHではない疑問文です。

 音のトリックと論理性が問われます。ここが???だとパート2もまだまだ8割程度しか
 取れないでしょう。しつこく音を拾って意味がわかるようにトレーニングをしてください。


 

 パート3


 パート4



 おおよその流れは本文のとおりです。
 ディクテーションはしんどいかもしれませんが、がんばりましょう。

 
 パート3は標準問題というか、コテコテに近い問題です。
 会話の流れで問われている箇所が順番に出現します。先読みをしっかりしていれば、
 1セット確実にしとめられた感が得られやすい問題です。
 この解答をパターンをマスターしておけば、たいていの問題は解けるでしょう。


 パート4も注文に関するお決まりに近いようなパターンです。完答を目指しましょう。
 ただし、一番最初の問題につまづくと、動揺して???と1セットすべて落とす可能性
 もあります。間違った場合、キーワードがそもそもどこにあって、それがなぜ聴き取れ
 なかったか究明してください。

 ※パート3,4とも設問の先読みトレーニングがありますが、
  付属の模試の設問を見たほうが効果的です。
  解説書は、スペースの関係で、選択肢の配置が全て縦に並んでいない場合がありますので、
  本番にトレーニングをするには、模試のほうを見ることをお勧めします。


 パート5

 過去に出題された問題をアレンジして作成しています。
 本日は3問の文法問題と1問の語彙問題です。
 接続詞、副詞、慣用表現等少しいやらしいところをついています。
 ただこういう問題で迷わせるのがTOEIC特有なところです。
 今回も根拠をしっかりつかんでください。 


 パート6
 文脈時制、文脈語彙、語彙問題を入れてあります。
 言い回しとして覚えておくべきもの、また解答の根拠から導き出すものをしっかり復習
 してください。本番でもこのような問題は必ず出題されます。


 パート7
 約300語のシングルパッセージが1題です。
 少しほっこり心暖まる記事にしてみました(えっ暖まらない?) 

 記事が苦手な方はこの記事を何度も読んで下さい。特にこのようなローカルな場面の記事は
 TOEICがよく出題してくるところです。読みなれると本番でも面食らうことは少なくなるでしょう。


 語彙も頻出語句から本文や選択肢をつくっていますので、わからない語はここでつぶしておいて下さい。





 
 









 

 

Day-5(20130228)

質問、感想、誤植はこちらから。



 はい、Day-5です。



 Day-5です。平日中のタスクは意外と時間が取られます。まだ慣れないと思いますが、
 1週目ですので不足分は週末に補えるようにがんばっていきましょう。



 パート1

 今日から2人の写真ですね。
 ここでは、以下に注意しながら聞き取れるようにしてください。

選択肢A:文章を聴いて瞬時にイメージ出来るようになっておきたい表現です。


選択肢B:受身の進行形とともにどういう動作にあるかイメージしてみてください。

選択肢C:こういう表現も公開テストには出題されます。
     面食らわないように。

選択肢D:TOEICおなじみの表現です。



それぞれのスクリプトにイラストをつけてありますので、イメージがつかめればOKです。
自分で聴き取れない語は何度も練習しておきましょう。
今回は主語が同じですから、その後の表現を聴いて絵をイメージするといいでしょう。








パート2

 今回パート2は代表的なWH疑問文、と依頼文が入っています。

 短い応答に対して???とならないように質問の意図と解答の音を汲み取って
 正解出来るようにしておきましょう。音のトラップは本番でも出ますから、
 「クスッ」と笑えるようになるくらいまで間違いの選択肢を聴いたほうがいいです。


 

 パート3


 パート4



 おおよその流れは本文のとおりです。
 ディクテーションはしんどいかもしれませんが、がんばりましょう。

 
 Q49は難しめです。このように何かを依頼された場合、何を最初にやるか問われる場合が
 あり、話題にしていることの前に何かをやってから、というのはお決まりのパターンに
 なっています。


 パート4はレジャーに関するものです。ビジネスとは違い、あまり聴きなれないような
 用語があればチェックしておくことをお勧めします。実生活にも役立ちそうな語です。


 ※パート3,4とも設問の先読みトレーニングがありますが、
  付属の模試の設問を見たほうが効果的です。
  解説書は、スペースの関係で、選択肢の配置が全て縦に並んでいない場合がありますので、
  本番にトレーニングをするには、模試のほうを見ることをお勧めします。


 パート5

 過去に出題された文法問題をアレンジして作成しています。
 本日の文法問題はレベル的には難しめですが、本番でも出て悩みそうな問題を集めました。
 ここで躓いていたら、かならず解答の根拠を選べるようにしておきましょう。
 


 パート6
 今日はありません。


 パート7
 シングルパッセージが2題出題されています。
 落ち着いて読めば解けると思っていますが、いかがでしたでしょうか? 

 ピンポイントに具体的な部分から解答を求めることと選択肢を照合しながら解答を
 求める問題と織り交ぜました。難しく作ってはいなく、標準問題として仕上げた
 ので、1問1分以内に確実に解けるようにしてください。


 語彙も頻出語句から本文や選択肢をつくっていますので、わからない語はここでつぶしておいて下さい。





 
 









 

 

Day-4(20130227)

質問、感想、誤植はこちらから。



 はい、Day-4です。



 Day-4です。平日中ですが、皆さん細切れの時間等うまく使っていますでしょうか?
 自宅で出来ること、移動中に出来ること等メリハリをつけながらうまくやってくださいね。
 私は音読は電車、座学は自宅等、あとは空いた時間でカフェに入る等工夫していました。



 パート1

 男性1人の写真ですね。
 ここでは、以下に注意しながら聞き取れるようにしてください。

選択肢A:ノーコメントです。900点を目指す方は判別必須です。


選択肢B:stoolがなんだか理解出来るようにしておきましょう。
     まれに出題されますので、面食らわないように。

選択肢C:ワークステーション、1月に出題されました。
     ここではどういう動詞を使っているかもカギです。
     『位置している』とはこういう言い方もあることを覚えておきましょう。

選択肢D:ここで出てくる動詞もTOEIC特有です。



それぞれのスクリプトにイラストをつけてありますので、イメージがつかめればOKです。
自分で聴き取れない語は何度も練習しておきましょう。
今回は主語が同じですから、その後の表現を聴いて絵をイメージするといいでしょう。








パート2

 今回パート2は全てYes,Noで答えられるものです。

 一部間接応答が入っていますが、質問に対して、自然な応答となっています。
 ここを聴きとって、正解に結びつける能力はリスニングで9割以上目指すなら必須です。


 

 パート3


 パート4



 おおよその流れは本文のとおりです。
 ディクテーションはしんどいかもしれませんが、がんばりましょう。

 
 Q45は少々難しめです。キーワードになる語がありますが、問題を解く時間に
 ここが聴き取れなかった方も多いのではないでしょうか?
 ここは落としてもやむなし、と思って下さい。
 本番のキーワードはもう少しわかりやすいのが出ます。


 パート4は空港でのお決まりに近いようなパターンです。完答を目指しましょう。
 ただし、乗り物アナウンス系は、空港と見せかけて、電車の場合もあります。
 状況を把握出来るキーワードを見つけてください。


 ※パート3,4とも設問の先読みトレーニングがありますが、
  付属の模試の設問を見たほうが効果的です。
  解説書は、スペースの関係で、選択肢の配置が全て縦に並んでいない場合がありますので、
  本番にトレーニングをするには、模試のほうを見ることをお勧めします。


 パート5

 過去に出題された文法問題をアレンジして作成しています。
 本日は全て語彙問題ですが、文章を読めば解答が選べるようにつくってあります。
 3月のTOEICはここから出るといいな、と少し思っています。
 


 パート6
 今日はありません。


 パート7
 シングルパッセージが2題出題されています。
 落ち着いて読めば解けると思っていますが、いかがでしたでしょうか? 

 本日はあまり難しくしてありませんが、間違えた方は解答のキーワード、間違えた箇所を
 含めて復習をして下さい。


 語彙も頻出語句から本文や選択肢をつくっていますので、わからない語はここでつぶしておいて下さい。





 
 









 

 

Day-3(20130226)

 質問、感想、誤植はこちらから。



 はい、Day-3です。


 Day-3からいよいよ復習のセクションに入ります。

 Day-1,2でわからなかったことを明確にしながら進めていきましょう。
 200問を10日で分割していますが、20問程度の問題でも復習すると2時間くらい
 かかります。自分でこれは!と思ったところを確実に復習するようにしてください。
 (1日目、2日目でわからないことをクリアーにしておくことで、ここの作業の効率に
  影響してきます。)



 パート1

 ここでは、以下に注意しながら聞き取れるようにしてください。

選択肢A:受身の進行形、それとともに聴いて映像がイメージ出来ること。


選択肢B:windowpaneがどういうものか、またそれに付随する副詞とセットでどういう意味か。
     (1月に登場したので、3月には登場しないかもしれません・・・。)

選択肢C:padが比較的難しいはずです。ただ、この語は聴き取れるように。過去出題されたことが
     ありますし、公式プラクティスにも出ている語です。

選択肢D:arrangeはパート1におなじみに単語です。どういう状態になっているか、聴いて
     イメージ出来るようにしておきましょう。



それぞれのスクリプトにイラストをつけてありますので、イメージがつかめればOKです。
自分で聴き取れない語は何度も練習しておきましょう。
特に受身の進行形は注意です。








パート2

 今回パート2は全て間接応答です。

 11.5W1Hの問題ですが、正解はどのようになっていたでしょうか?
    一筋縄ではいかない解答もあるということを覚えておきましょう。


 12.5W1Hで、勧誘なのか、理由を尋ねているのか迷うかもしれません。
    冒頭の語を聞き取れるか、が勝負です。

 13.一瞬平叙文に見えますが、実はこの表現で依頼となります。
    過去にも出題されましたので、しっかり覚えましょう。


 特にパート2はしっかり音読し、書き出しながら何度も話すことをお勧めします。
 こういったパート2をしっかりやることでパート3,4も聴き取れるようになります。



 パート3


 パート4



 おおよその流れは本文のとおりです。
 ディクテーションはしんどいかもしれませんが、がんばりましょう。


 ※パート3,4とも設問の先読みトレーニングがありますが、
  付属の模試の設問を見たほうが効果的です。
  解説書は、スペースの関係で、選択肢の配置が全て縦に並んでいない場合がありますので、
  本番にトレーニングをするには、模試のほうを見ることをお勧めします。


 パート5

 過去に出題された文法問題をアレンジして作成しています。
 文法問題はR5に相当するところで、理屈で解けるようになっています。
 ですので、本日の問題を間違えた方は『どうしてそうなるか』を徹底的に突き止め、
 自分の知識化にしてください。
 品詞、文の構造等、ここでトレーニングを積むことで本番もぐっと見やすくなると思います。


 パート6
 文脈時制問題、代名詞の問題、前置詞の問題が入っています。
 それぞれ前後の意味だったり、適切な語を選べるようにしておきましょう。
 類似問題は本番でも出題されやすいです。


 パート7
 シングルパッセージが2題出題されています。
 両方とも、少しだけ引っかかりやすいように作られていますので、見事に引っかかってしまった方は、
 どうしてか、よく考えてみてください。

 語彙も頻出語句から本文や選択肢をつくっていますので、わからない語はここでつぶしておいて下さい。





 
 









 

 

Day-2(20130225)



 質問、感想、誤植はこちらから。



 はい、Day-2です。


 Day-2に関しては、Day-1と同じく200問模試に解答することになりますが、
 時間無制限でなぜわからなかったか、をより明確にしておくことが重要です。

 
 Day-1とDay-2に期間をあける必要はありますか?
 と質問をいただく場合がありますが、必要ありません。
 その理由は、解答や辞書を見ることは許されないからです。


 その代わり1回目の解答用紙を見ないで、もう一度解き、今度は時間無制限なので、
 何がわかって何が不明確なのかよく考えてみてください。
 私がよくやるのは、2回目も1回目と同じように解答し、それにより直感的に
 「わかる」「わからない」問題をさらにクリアにします。
 1回目よりも2回目のほうが少し細かい部分も含めてわかりますから。
 同じ映画を2回見るのと一緒です。




 その時(2回目終了時に)にメモを取っておき、
 それから、メモに応じて、同じリスニングの箇所を何度も聞いたり、リーディングで
 絞りきれなかった解答を検証するとより効果的でしょう。



 私の場合は、解答以外にノートを別に持っておき、あやふやな問題の番号を書き出し、
 自分なりの解答根拠を書き出しておきます。
 そうすることで、2-3回目の復習に役立つことが出来るためです。



 そして、1回目と2回目の正答数の差を確認してください。
 多くの方は1回目より2回目のほうが正解出来る可能性が高いです。
 それは時間無制限だから、ゆっくり考えられるからでしょう。
 その場合は、受験スキルが足りない可能性があります。
 今後のトレーニングで解答に導くプロセスを早めるようにしましょう。

 まれに1回目のほうが高く出る方がいるかもしれません。
 その方は情報処理に優れ、多少適当に解答した部分の正答が上回っていることが推測されます。
 ひょっとしたら勘ボックスにチェックした数が多いのではないでしょうか?



 いずれにしてもDay-1とDay-2は少し骨が折れます。
 このままいくと、この作業は月曜日になりますが、大変な方は日曜日からお取り組みされても
 いいように掲載を早めました。平日お忙しい方もいらっしゃいますよね。
 (実施は皆さんのペースでお願いします。)
 

 

Day-1(20130224)

 質問、ご意見、ご質問はこちらのページから。 


 

 はい。Day-1です。 

16ページを開いてそのガイダンスに従って行ってください。


 Day-1は、『制限時間を計って試験に臨む』です。


 普段ご自宅や図書館、カフェ等で学習されていると思いますが、1回の模試を時間を測定して
 やることを実はあまり慣れていない方もいらっしゃるのではないでしょうか?


 2時間時間を測定してやることは重要ですが、何かの拍子に出来ない場合もあると思います。
 それは仕方ない、と割り切ることも普通です。

(音が飛んだ、電話がかかってきた、宅配が来た。店員さん、突然家族、
 友人に声を掛けられた等、あ、面倒くさいというのもあるか。)


 そういう場合は、『2時間分割してもかまいません』
 2時間ぶっとおしで行うことはかまいませんが、それ(ぶっ通し)が主目的ではありませんので。
 ストップウォッチを止める等柔軟に対応してください。



 ここで重要なのは、
 『限られた時間で「わかる」「わからない」「ちょっと考えたらわかりそう」等問題を分類
  することです。』


 ・「わかる」問題は確実に解けるように、
 ・「わからない問題」は時間内で潔くあきらめ、
 ・「ちょっと考えたらわかりそう」は1問30秒、1分を目安に解答が出せなければ、
  適当に選ぶ。


 そうすることで、本番での情報処理能力も高めることが出来ます。


 時間内に丁寧に解けるに越したことはないですが、ここでは200問解ききることを念頭に、
 そして今の皆さんのレベルで「わかる」「わからない」を明確にしてください。
 本文にも書いていますが、75分厳守したら、途中でも塗り絵にせず、解答は続けてください。
 その際、どのくらい時間がオーバーしたか測定しておくといいでしょう。



 それでは、がんばって下さい! 

3月トミープロジェクト業務連絡

 3月トミープロジェクトメンバー 参加各位



 本日皆さん宛にこのプロジェクトルールを記載したメールを送付しました。
 ルールを読んで受け取った方はこの記事の隠しコメントに連絡を下さい。
 『来てます!』とか『あー』『うー』なんでもいいです。
 ※プロジェクトに参加していない方の叫びはご遠慮下さい(笑)。


 ※2,3名頂いたメールアドレスに数回送付しても未達になる方がいます。
  未達の方は、すみませんが連絡の取れるメールアドレスを隠しコメント
  に入れてください。連絡がない場合、以降再送致しませんので
  よろしくお願いします。
  (無料サービスにつきご理解下さい。)

2013年3月第178回TOEIC公開テスト向けプロジェクト参加メンバー


<試験結果を以下のとおり掲載します。
今回、3人の方が目標達成することが出来ました。
(プケコッコさん、konasukeさん、martinaさん)
 本当におめでとうございます!

 


 


 【プロジェクト対象メンバー(ベストスコア730-895)】

  氏名(敬称略)、ベストスコア、
 (目標スコア各自違いますが、ここでは900点以上とさせて頂きます。)  
  ※赤字の方はクリックするとブログリンクとなっています。


1. SHIN 750 → ―
 
2. KAO 785 → ―

3. wata 880 → 870

4. yoma 835 → 810

5. mionopapa 865 → ―

6. disks 805 → 760

7. kazu-toeic 890 → ―

8. Taro 880 → ―

9. MLK 815 → 840

10. Yocchi 855 → ―

11. Miki 745 → 865

12. おちゃ 875 → 865

13. タイガー 840 → 770

14. たやん 870 → 810

15. あつこ 830 → 750

16. 枯れ井戸 875 → ―

17. Tony.G 835
  → ―
18. fuji 805 → 765

19. Harry 840 → 840

20. プケコッコ 820 → 900

21. スピニングトーホールド 880 → ―

22. 未来 855 → ―

23. Tigre 740 → ―

24. Kenken 740 → 750

25. Fight!! 840 → 840

26. OS 845 → 805

27. りゅう 820 → 850

28. MAX 740 → 820

29. martina 890 → 915

30. Mikky 775 → 740

31. Konasuke 860 → 915

32. HATO-BUS 880
   → 860

33. ぼんさい 855 → ―

34. kinchai 810 → 835

35. みのむし 810 → 755

36. ぶるお 740 → ―

37. lilian 880 → 805

38. Adare 895 → 875

39. seren 865 → 805

40. Junjun 750 → ―

41. Copansam 735 → ―

42. lundiam 865 → ―

43. U3 775 → 800

44. えりこ 795 → 690

45. すー 795 → ―

46. てっさんしぃ 775 → ―

47. maki 805 → ―









 【プロジェクト対象外メンバー(ベストスコアが上記以外の方)】
 

  氏名(敬称略)、ベストスコア、目標スコア → 最終スコア
 (目標スコア各自違いますが、ここでは900点以上とさせて頂きます。)  
  ※赤字の方はクリックするとブログリンクとなっています。


1. Julie 950 955 → 850

2. 70is 910 950
  → 875    
   
3. QWERTY 920 990 → 950

4. じょぜ子 920 900over → 925

5. えりりんぎ 695 730 → 815

6. maisola 675 900
   → ―
7. keikeikei 900 950
   → ―
8. hiro 700 900
   → ―
9. soccer boy 960 990 → 895

10. snowhot 685 900
   → ―
11. ミニマム大野 725 900
  → 685






約50名ほどのメンバーで1つの試験に向かって、いろいろなことを共有し、
同じマテリアルを使用しながら勉強していくということは、とても大きな力になりますし、
独学している方には励みになるのではないかな、と思います。


究極合宿が、密集型で実際に集まって学習するタイプとすれば、これはまさしく、
自宅でもカフェでも自分の学習空間ペースの中で出来るポータビリティ性を
備えていると思います。
(その一方で自由度もありますが。)



※3月試験向けの募集は2月20日で締め切りますのでよろしくお願いします。
  募集要領はこちらです。



 

締め切りました! 第178回TOEIC公開テスト プロジェクト参加者募集



 


 募集は締め切りました!
 多くの方の参加ありがとうございます!!



 はい。


 長らくお待たせしました。
 2013年3月のプロジェクト、いよいよ募集させて頂きます。



 以下の募集要綱をよく呼んで希望される場合は、隠しコメントに入れて下さい。


 1.スケジュール


      受験日       プロジェクト受付       プロジェクト期間

第178回 3月17日(日)  2月11日~ 2月20日   2月24日~ 3月16日





 2.対象者

   現在のTOEICスコア730-895点の方
   ※それ以外の方も参加は可能ですが、対象外ということで取り扱わせて頂きます。


 3.応募方法
   この記事の隠しコメントに以下を入れて下さい。

 
   ①お名前(このブログで公表できるお名前)
   ②現在のTOEICスコア(ベストスコア)
   ③目標のTOEICスコア
   ④連絡の出来るメールアドレス(まだわかりませんが、爆弾情報を流すかも(笑))
   ⑤参加にあたりひと言
   ⑥運営ブログURL(掲載可能であれば、なしでもOKです。) 


   -記入例-
   ①Tommy
   ②990点
   ③995点
   ④TommyTOEIC@Tommy.com
   ⑤対象外ですが、皆さんと学習してビヨンド(990点+α=200問全問正解)
    を目指します。
   ⑥http://blogs.yahoo.co.jp/abcsyu123


 4.実施の流れ
   ①日本時間2月20日23:59まで募集します。それ以降はいかなる理由
    があっても登録いたしません。TOEIC公開テスト申し込みと一緒です。
   ②2月21日以降、参加者(対象外の方も含む)をこのブログで公表します。
    ※そのため、公表できる名前、ペンネームで登録下さい。
   ③プロジェクト期間内は毎日ブログを更新します。
    そのブログに毎日『今日も実施した!』旨をコメントを入れて下さい。
    短くてもかまいません。
   ④3月のテストから3週間後以降に発表されるスコアを申告下さい。
    それにより効果をみたいと思います。





   要するに、単に本を購入するだけじゃなく、
   著者である私が、実際のTOEIC3週間前からこの本を使って学習する方を監視、
   サポートするという企画がトミープロジェクトそのものです。



   そして同じ志を持った方がこのブログに集い、同じ目標を共有し、集う。
   合宿でもない、セミナーでもない新感覚の学習サポートです。
  
   既に900点超えた方でもこれほど頑張っている方を見てアツくなって、
   よし俺も!となるかもしれません。対象外でも掲載はさせて頂くので、
   日々の学習は同様にサボれませんよ。
   

   独学でやるとついついサボりがちな方もこのブログ、拙著に沿って学習する
   ことでペースメーカーになることを祈念しております。




   たくさん、来た場合、おそらく皆さんと私の戦いになるかもしれません。
   でも、私は負けません。




   と、いうことで、
   たくさんのご応募お待ちしております!




   さあ、かかってこいやァーーーーーーー!!!

   takada


(業務連絡)明日よりトミープロジェクト募集開始します。


 ご意見、ご質問、誤植の指摘はこちらからお願いします。













 さて、以前から告知していたように
明日2月11日よりTommyプロジェクトの募集を
開始します。





 専用の記事を書きますので、募集される場合は、必ずその記事に
 隠しコメントに入れて下さい。
 



 ご承知おきのほど、宜しくお願いします。


Day1における注意事項 -音声ファイル-




 
 
感想・質問・誤植はこちらからお願いします。








 Day-1の模試に関して、別冊模試の表紙に記載させて頂いておりましたが、
 少し不親切なところもありましたので、補足させて頂きます。




 既にお気づきの方はいらっしゃると思いますが、付属CDの最初のファイルは
 模試1セット分(45分44秒)が入っています。

 
 そしてそのDirecitionsには、音声が入っておりません。



 怪しげな『ピ・ピ・ピ』

 という音がDirections相当と同じ時間で入っております。




 なんだ、この一休さんが考えるような音(←知らないか)は、
 と思った方もいらっしゃったかもしれませんが、


ikkyuu


 


 これはこれくらいの時間間隔があるという認識をして頂くためのものです。

 


 トミープロジェクトでもお話しようと思いましたが、
 この時間の間にご自身が何が出来るか考えてみてください。


 パート1なら写真を見る、パート2なら精神統一等自分のペースを考えながら、です。



 以上、よろしくお願いします。

  
プロフィール

大里 秀介

Author:大里 秀介
TOEIC990点満点取得20回以上、カナダ在住経験のあるサラリーマン。
一部英語学習者からはTommyとも呼ばれています。
(呼び名はどちらでもOKです。)
現在もTOEICが好きで定期的に受験しています。スコアアップに悩める英語学習者のアドバイスとサポートを目的にブログを立ち上げました。どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TOEICスコアアップチャレンジ! 900点を目指そう!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR